部屋が汚い状況にストレスを感じる

部屋が汚いとストレスが無意識のうちに溜まってしまうもの。

そのストレスのせいで余計に片づけられず、結果散らかる…という悪循環におちいることも少なくありません。

二宮マチ

掃除って好きです!
綺麗な部屋になるのって快感なんです!

上原カエデ

へ〜そうなんだ。
お礼するから私の部屋も掃除してほしいなぁ。
最近ほんと忙しくて。

二宮マチ

ふっふっふ、いいですよ。

カエデさんのことだから、昔渡せなかったラブレターとか残してそうですね。
いいんですかぁ、見ちゃっても~

上原カエデ

(…ドキッ)

モテる女性は、部屋はもちろんのこと、カバンの中身などもきちんと整理整頓されているもの。

男性はそういった女性らしい点や普段の行動、時には家庭的な面を意外によく見ています。

汚い部屋に座る女性

仮にガサツな性格や、ストレスでイライラしている行動が見えると、


「この子は片づけられない女っぽいな…」
「めんどくさそうだな…」


と、なんとなく察してある日突然離れていく…
絶対イヤですよね。

この記事では、部屋が汚いことがストレスになっている人へ、汚部屋脱却のコツをまとめてみました。

部屋が汚いストレスから卒業するコツ[4選]

部屋をきれいにするコツ紹介

部屋が汚いとストレスがたまる、とよく言われますね。
「私はそんなの気にならないし」という人も、潜在意識の中では、きっとネガティブな気持ちになっているはず。

そんなダメな状態を卒業したいあなたのために、おすすめしたい習慣・心掛けは以下の4つの項目。



部屋が汚れていると、「何もしたくない」「やる気が出ない」と無気力になってしまいます。
また、部屋に友達や恋人など「人を呼べない」という弊害もありますね。

部屋の乱れは心の乱れ。
あなたが実践できそうなものから、少しずつでも掃除の習慣をつけてみましょう!

1.普段から不要なものは買わない&貰わない

無駄な物を買わない

女性は、買い物好きな人が多いですよね。
ショッピング好きでついつい色々買ってしまう人は、”物が多いこと”が部屋が汚れる原因になります。

普段から、買う前に「これは自分にとって必要なもの?」「この洋服、本当に着るかな?」
と、心の中で自分に問いかけるクセをつ付けてみてください。

また、人から物をもらう時も同じことが言えます。
「タダだから欲しい!」「付き合いもあるし、とりあえずもらっておこう…」
ではなく、使わないものであれば、キッパリ断る勇気を持ちましょう!

思い出してみてください。
職場でも、仕事ができる人はデスクの周りに物が少なく、きちんと片付いているのではありませんか?
物をなるべく減らすことが、キレイな部屋への近道になるんです。

2.今使っていないものは処分する

断捨離で汚い部屋卒業

部屋が散らかりやすい人には、「いつか使うから…」と、不要なものをずっと取っておくケースも多いもの。
物があふれて収納し切れず、ごちゃごちゃしてしまうんです。

「モノが捨てられない」のは、部屋が散らからる大きな原因になります。
また、スピリチュアル的な面で「モノの循環が滞ると運気が下がる」という話も聞きますよね。

このクセを断ち切るには、自分の中で「いつかではなく、今使っていないものは処分する」というルールを作るのがオススメです。
捨ててもいいし、フリマアプリなどで売ってもOK。
「必要な時が来たら、その時にまた買えばいい!」という考え方に切り替えましょう。

また、写真などデータ化できるものは、パソコンに取り込んでしまうのもスッキリします。
賃貸住宅で暮らしている人は、引っ越しの度にまとめて物を捨てるよう心がけるのもいいですね。

3.毎日「片付けタイム」を設ける

毎日掃除で綺麗な部屋

頑張って部屋を片づけても、一週間たてばまた元通りグチャグチャに…。
きれいな部屋がキープできないことで、悩んでいる人も多いかもしれませんね。

そんな人におすすめなのは、毎日少しの時間でいいので「片付けタイム」を設けることです。
一週間、溜め込だものを一気に片付けるのは大変…。
でも、毎日少しずつやれば気が楽だし、すぐ終わりますよ。

やる気を出すには、何か好きな曲を「片付けの曲」にしてみるのがオススメ。
「その曲を流している間は、片付けの時間!」と、自分の中でルールを決めてしまいましょう。

毎日ちょっとずつの努力で、嫌な片付けも楽しく&ラクになるはずです。

4.趣味の時間を持ったり運動をする

部屋が汚い原因を作らない

「ストレス社会」とも言われる現代の生活。
仕事や人間関係などで、さまざまなストレスを抱えている人も多いはずです。

気分が落ち込んだりメンタルが病むと、何となく否定的な気持ちになってしまいますよね。
そうすると、片づけにも悪い影響が出ます。
無気力になり、片づけをする気がなくなってしまう恐れがあるからです。

そんな状態を避けるためには、普段からストレスをためないよう、感情の突破口を見つけておくこと。



などの方法で、上手にストレス発散していきましょう。

ストレスそのものを感じない方法を心がけるのもいいですね。
日頃から、精神面で自分自身に負担をかけすぎないことが大切です。

部屋が汚い人の特徴は?

部屋が汚くなりやすい人を紹介

ここで気になるのが、性格や精神状態の面から見て”部屋が汚くなりやすい人”はいるのか? ということ。

心理的・科学的に明確な根拠のある説はあまり見つかりませんでしたが、一般的によく言われる特徴を3つ挙げてみました。
私の周りの人を見ても、確かにこういう傾向があると思います。


  • ストレスが溜まっている
  • 先延ばしにする癖がある
  • 太りやすい可能性が大きい

まず、ストレスというのは納得ですよね。
それ以外も参考になると思うので、あなた自身に当てはまるかどうかも含めて、チェックしてみてください。

1.ストレスが溜まっている

ストレスで部屋が汚い女性

ストレスが溜まっているせいで片づけができず、部屋が汚くなってしまう…というケースは非常に多いです。
そもそも、ストレスがあるとやる気が出ず、掃除ができませんからね。

極端な例を挙げますが、うつ病の人は物事をコントロールする力が著しくダウンしてしまいます。
そのため、部屋が汚い状態である傾向が強くなるのだとか。

「部屋の状態は心の状態を表している」ともよく言われます。
部屋が汚い人は、無意識のうちに何らかのストレスを抱えてしまっているのかも?

自分の心の状態を、いちど見直してみるのもいいかもしれません。

2.先延ばしにする癖がある

後回しにして部屋を散らかす人

1日や2日で、部屋が壊滅的に汚くなることはあまりありませんよね。
部屋は、毎日の積み重ねでどんどん散らかっていくんです。
つまり、少しずつでもこまめに掃除をしていれば、悲惨な状態になるのは防げるということ。

でも部屋が汚い人は、今すぐできることも「後でいいや」と先延ばしにする癖がある場合が多いです。
だから、汚れがどんどんたまっていって、逆にやる気はダウンしてしまうんですね…。

心当たりがある人は、「明日でいいなら明日やる」という考えを改めてみましょう。
「今日できることは今日やる」ことが大切ですよ!

3.太りやすい可能性

ダラダラして自己管理ができない

身の回りの整理整頓がきちんとできる=自己管理がしっかりしている、ということ。
つまり、部屋が汚い状態の人は自己管理ができていないということになりますね。
食べたいものを食べ、普段から片づけの習慣がなくダラダラとしていれば、太りやすくなるのは当然とも言えます。

それが嫌なら、無計画に食べたり、無意味な時間を過ごすのを少しずつやめてみましょう。
運動でも掃除でも、毎日ちょっとずつ始めてみることです。
こまめに掃除をしていれば、それがいい運動にもなると思いますよ。

まとめ

部屋が汚いストレスから卒業した女性

汚部屋脱却のコツについてのまとめ、いかがでしたか?

部屋が汚いことは、女性にとって思った以上にストレスになるものです。
また、ストレスがたまると掃除のやる気が起きず、さらに部屋が汚くなる…という悪循環にも陥ってしまいます。

それどころか、

運気が下がって「何をしてもうまくいかない…」と落ち込んでしまったり。
恋愛運にも悪影響がありそう…。

そんなだらしない状態では、ダイエットだって成功するはずもなく…

部屋を綺麗にしたい願望

みんな、きっと心の中では「この状態、どうにかしたい…」「部屋を片付けたい!」「きれいにしたい!」と思っているはず。

ただ、


「どこから手をつけたらいいの?」
「もう、どうしたらいいかわからない!」


と、途方に暮れているだけではないでしょうか?

ストレスの溜まらないキレイな部屋をキープすれば、日常生活も恋愛もガラリと変わります。
いつも余裕のあるモテ女性に変身して、人生をもっと素敵に過ごせるはずです!

解決するには、行動するしかありません!

日常の中で、少しずつでも大丈夫。
キレイな部屋を実現するために、あなたも今日から動き始めてみませんか?


※本記事で紹介する内容には個人の意見や感想が含まれており、その有用性や効果・効能等を保証するものではありません。参考にする際はあなた様自身の責任と判断の上でお試しください。


上原カエデ

最後までお読みいただきありがとうございました。
あなた様のお役に立ちましたでしょうか?

二宮マチ

もしよかったら、お知り合いにも紹介いただけると嬉しいです!

上原カエデ

↓左から「ツイッター」「はてなブックマーク」「Facebook」「Google+」のボタンになっています↓