疲れ顔の女性

疲れ顔についなってしまっているあなた。
これから人と会う時などはすぐにでも解消したいですよね。

仕事や家事・育児などで毎日忙しかったりストレスが溜まったり寝不足になってしまったときに鏡を見て自分の疲れ顔にビックリ!なんてこともあるのでは?

疲れ顔だと実年齢より一気に老けたような印象になってしまうので、気分も落ち込んでしまいます。
ここでは、そんな疲れ顔の解消法や、原因についてご紹介します。

疲れ顔の原因は?

目の下のクマ

疲れ顔の原因や特徴と言えば、やはり目の下のクマが挙げれらますね。
目の下の皮膚が薄くてクマが出来やすい人もいますが、クマの主な原因は睡眠不足や疲れ目などによる血行不良。
また、顔色が悪かったり肌荒れしていることも疲れ顔に見せてしまう原因。
こちらも睡眠不足によって引き起こされていることも多いですし、保湿が足りないなどスキンケア不足による原因も多いものです。

疲れ顔の解消法[5選]

疲れ顔を解消したい女性
それでは、疲れ顔の解消法を紹介していきます。

疲れ顔の解消には以下の5つがおすすめです!


  1. 「睡眠をしっかり取る」
  2. 「目元のマッサージ」
  3. 「耳のマッサージ」
  4. 「入浴する」
  5. 「保湿をしっかり行う」

①「睡眠をしっかり取る」

質の良い睡眠を取る

睡眠不足は美容や健康に良くないことだらけなのはもちろん、疲れ顔の大きな原因になってしまいます。
夜更かしが習慣になっているという人は、是非早寝早起きの習慣に切り替えましょう。
また、お肌の生まれ変わりにも欠かせない成長ホルモンは眠り始めの3時間に多く分泌されています。
解消法としてこの時間帯にしっかりと質の良い睡眠を取ることは非常に重要ですよ。

睡眠不足が続くと、肌へ何らかの影響がでる人が多いです。
睡眠とお肌の関係を理解して、体の中から美肌対策もできるとベストですね。

②「目元のマッサージ」

こめかみマッサージ

疲れ顔の特徴に代表的な「目の疲れ」を解消する効果的な目元マッサージをご紹介します。
まず、目元にアイクリームなどを塗っておき、すべりを良くします(クリームなしで行うとシワなどの原因になるのでNG!)。
そして両手の両手の人差指・中指・薬指の3本をおでこに当てて、気持ち良く感じる強さでこめかみの方向に移動しながら押していきます。
つぎに両手の中指の腹を左右の目尻に当てて、目の下の骨の縁をなぞるように目頭まですべらせたら、同じように今度は目の上の骨の縁をなぞるように目尻へすべらせます。
最後に目頭に中指と薬指の腹を当てて、目の下を目尻方向に、その次にこめかみへと押しながら移動していきます。
目の周りの血行を促進し、クマを改善する効果が期待できます。

また、なかなか取れない目の下のクマでお悩みの方には専用クリームもおすすめです。
特に人気なのが、隠しながら治せる目元のクマ専用クリーム「アイプリン」。
お悩みの方は必見、別ページで紹介しています。

↓【よく読まれる関連記事】↓
アイプリンで目元のクマを徹底ケアする?

③「耳のマッサージ」

耳をマッサージでほぐす

耳の周りには頭皮とつながっている筋肉が複数存在するので、耳をほぐすことで頭もほぐれて疲れ顔の解消に効果が見込めます。
耳を下からもんでいったり、耳を気持ちよく感じる強さでひっぱったり、根元からグルグル回してみて下さい。
寝る前に行うことで、睡眠の質が上がる効果も見込めますよ。

④「入浴する」

お風呂で血行改善

疲れ顔の解消として全身の血行を良くすると効果的。

解消法として第一にあがるのがやはり「入浴」。
普段からお風呂はシャワーで済ませている…という人は、是非湯船に入る習慣をつけましょう。

血行改善のためには、38度~40度程度のぬるま湯に最低20分間はゆっくりとつかるようにすると効果が見込めますよ。

⑤「保湿をしっかり行う」

パックでスペシャルケア

潤いのないお肌はシワやたるみ、くすみなど疲れ顔を作る原因になってしまいますので、スキンケアの際には保湿を徹底しましょう。
スキンケアは保湿成分が十分に入ったものを選ぶように心がけるのも大事です。
また、特に疲れ顔が気になる…という人は、フェイスマスクでのスペシャルケアがおすすめです。
フェイスマスクは長時間付けていると逆にお肌の水分がマスクに戻っていってしまうので、決まった使用時間を守るように気をつけましょう。

まとめ

疲れ顔解消して若々しく

ここでは、疲れ顔の解消法を中心にご紹介しました。
「なんか疲れてない?」と最近よく言われる…という人や、自分で疲れ顔を自覚しているという人は、是非参考にしてみて下さい。
疲れ顔を解消して、明るく若々しい雰囲気になることでモテ女子を目指しましょう!

以上、『疲れ顔の解消法|実年齢より5歳は一気に老けて見える…』でした。


※本記事で紹介する内容には個人の意見や感想が含まれており、その有用性や効果・効能等を保証するものではありません。参考にする際はあなた様自身の責任と判断の上でお願いいたします。