太陽から出る紫外線の影響

紫外線はただ単に日焼けするだけでなく、お肌に悪影響を及ぼすことはもう常識。

代表的な悪影響はやはりシミ。

シミは1つあるだけで一気に老けた印象になってしまう困りもの。

二宮マチ

紫外線で肌ボロボロです〜。

今年の夏に人生はじめて沖縄に行ったんです。
興奮して、あのギラギラな日差しの下ではしゃぎ過ぎて(汗)

上原カエデ

あらら〜
あの日差しはもはや凶器ね。

二宮マチ

日焼け止めを簡単に塗りすぎたことも原因です〜(泣)

上原カエデ

沖縄楽しいけど、紫外線対策は絶対ね!

モテ美肌を手に入れるには、紫外線の影響をしっかりと把握し、きちんとしたケアが重要だと言えます。

ここでは、紫外線のお肌への具体的な影響とそのメカニズム、そして美肌のために普段から心がけたいケア方法についてご紹介します。

紫外線って種類があるの?

紫外線の種類を解説

人間の肌細胞や髪の毛に、悪い影響を与えるといわれる「紫外線」。
身体へのダメージを防御するには、その構造やメカニズムを正しく知ることが大切です。
まずは、紫外線の基本から詳しく見ていきましょう。

紫外線は、その波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分けられます。
このうち地上に届くのは波長の長い


  • 「UV-A」
  • 「UV-B」

の2種類です。

このうち、最も波長の長い「UV-A」は、お肌の最も奥にある「真皮層」に到達するという特徴があります。
そして、真皮の細胞にダメージを与えたり、コラーゲンを変性させてしまいます。
つまり、これが皮膚の組織の損傷や、肌荒れにつながってしまうというわけですね…。

また、予防のためには「UV-A」の性質で注意しないといけないことがあります。
それは、「UV-A」には窓ガラスを透過して室内に到達する特徴もある、ということ。
そのため、室内にいても決して安心はできません。
ガラス越しでも、きちんとケアをしていないとその影響を受けてしまうんです。

そして、中程度の波長を持つ「UV-B」は、いわゆる”日焼け”の原因になってしまう紫外線です。
こちらは皮膚内部の真皮までは到達しませんが、表皮(肌表面)にダメージを与え、炎症を起こさせる危険があります。

さらに「UV-B」は、角化(ターンオーバー)のリズムを乱すため、肌荒れが起こりやすくなる…という性質も。
「UV-B」は、先ほどの「UV-A」とは違って窓ガラスは透過しませんが、晴れた日の屋外などでは充分に気を付ける必要がありそうですね。

紫外線の肌への影響は?

紫外線の影響を気にする女性

種類によって、人体に大ダメージを与える紫外線。
では、その中でも紫外線がお肌に与える影響には、具体的にどんなことがあるのでしょう?
メカニズムも合わせて、主なものを「3つ」ご紹介します。

影響①「シミ」

紫外線の影響でシミになった肌

紫外線の影響でよく知られているのは「シミ」でしょう。
シミの原因は、主に中程度の波長を持つ「UV-B」の影響によるものです。

UV-Bを浴びると、そのダメージから体を守るために「活性酸素」が大量に発生します。

活性酸素は本来、体にとって必要なものなのですが、過剰に増えすぎてしまうと細胞にダメージを与える性質も。
そして、それが老化の原因にもつながってしまうんです…。

そこで、活性酸素のダメージを抑えるために、人間の身体の中にある「メラノサイト(色素細胞)」が「メラニン色素」を作り出します。
「シミのもとになる…」と、忌み嫌われているメラニン色素。
でも、紫外線による肌老化を抑えてくれるという、重要な働きもあるんですね!

大切なのは、活性酸素とメラニン色素のバランスです。
どちらが増えすぎてもダメ。
活性酸素が増殖してお肌の細胞がダメージを受けると、ターンオーバーが乱れ、メラニン色素の排出が滞ります。
それが原因で、シミができてしまうというわけなんです…。

影響②「シワ&たるみ」

紫外線でシワ&たるみができる仕組み

「シワ」や「たるみ」も、紫外線のお肌への怖い影響の一つ。
これは主に「UV-A」によるものです。

お肌に紫外線を浴びると、その中の「UV-A」のうち約20~30%は、肌の奥にある「真皮層」に到達するのだそう。
そして、真皮層を構成する「コラーゲン」「エラスチン」を破壊してしまいます。

これらの美容成分を失っては、お肌は健康的な美しさを維持できません。
表面からハリや弾力が失われ、シワ・たるみができやすくなってしまうんですね。

影響③「紫外線アレルギー」

紫外線の影響で恐いアレルギー症状

紫外線の影響でさらに怖いのは、紫外線アレルギー。
これは別名「日光過敏症」とも呼ばれ、紫外線を浴びると、かゆみや湿疹などのアレルギー症状が現れるというものです。

遺伝的な問題の場合もありますが、


  • 日焼け止めや化粧品が紫外線と反応する
  • 紫外線を浴び続ける

などが原因でアレルゲンが作られ、発症することも…。

しかも紫外線アレルギーは、一度なってしまうと完治はほぼ不可能だとも言われています。
症状を出さないためには、普段から紫外線ケアを徹底することが大事ですね。

紫外線の影響を受けないためのケア方法[3選]

美容だけでなく、健康面でも生体に悪影響を及ぼす紫外線。
ダメージからカラダを守るために、普段からどんなケアを心がればいいのでしょうか?
ポイントは、以下の「3つ」です。

1.日焼け止めをしっかり塗る

曇りの日でも日焼け止め

紫外線の影響を減らす基本な対策は、まず「日焼け止めをしっかり塗る」こと。

先ほども説明したように、肌内部まで侵入してくる「UV-A」は、窓ガラスをも透過する性質があります。
そのため、外出しない日でも、日焼け止めをきちんと塗って肌を守ることが大切なんです。

また、天候に関わらず、いつも日焼け止めを塗っておくこと。
実は紫外線は、快晴の時と比較しても、


  • うす曇りで「約80~90%」
  • 曇りで「約60%」
  • 雨でも「約30%」

もの量が地表に降り注いでいるんですよ!

また、日焼け止めの成分についても、基礎的な知識を持っておきましょう。
日焼け止めには、「SPF」「PA」などの表記がありますね。
この中で、それぞれ、



の目安になるものです。

ただし、安易にSPF値やPA値の高い日焼け止めを選べばいい…というわけでもありません。
これらの値が高いものは、それだけお肌への負担も大きくなってきます。
日常使いのものは値を低めにし、レジャーの時は高いものを選ぶ…など、シーンに合わせて調節するといいでしょう。

ちなみに、地上に届く紫外線量は、季節や地域などの条件でも変わってきます。
例えば、夏と冬では太陽光の強さが違うようにです。

いつでも環境を考慮して、適切な紫外線対策を取れるようにするのが美容への近道ですね!
その時々にぴったりの日焼け止めで、肌や髪にバリアを張って、あなたの身体を紫外線から守りましょう。

2.紫外線を浴びないようにする

帽子やサングラスで対策

紫外線の影響を受けないためには、日光を直接浴びないことも大切。
外出の時は、



などの対策で、太陽光を防ぎましょう。

また、目から入ってくる紫外線にも注意が必要。
目の中に紫外線が入ると、脳から「体を守るためにメラニン色素を作れ」という指示が出てしまいます。
太陽を直接は見なくても、反射する紫外線でもダメ。
それを防ぐには、サングラスも極力かけるようにしたいものです。

ちなみに、色の濃いサングラスをかけると瞳孔が開き、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。
そのため、同じUVカット率のサングラスなら、レンズの色の薄いタイプを選ぶのがオススメなんですよ。

3.抗酸化作用の強い食品を摂る

紫外線対策のできる食材

紫外線を浴びると活性酸素が大量に発生し、お肌の細胞にダメージを与えますね。
そのダメージを少しでも抑制するには、普段から抗酸化作用の強い食品を積極的に食べて、体の中からケアをすることも大切です。

紫外線対策に有効な栄養素は、やっぱり「ビタミン」。
野菜や果物をたくさん取り入れた食生活を意識することです。

具体的には、「ビタミンC」が多く含まれる、


  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • イチゴ

「ビタミンE」が豊富な、


  • ナッツ
  • アボカド

などですね。

また、ビタミンの他には「アスタキサンチン」を含む「鮭」や、「リコピン」が豊富な「トマト」などもオススメですよ!

これらの栄養は、基本的には普段の食事から摂るのが理想的。
でも「忙しくてなかなか料理をする時間がとれない…」という人は、サプリメントを活用するのも一つの方法でしょう。

栄養バランスをとって、体内から紫外線の影響を防いでいきましょう!

まとめ

紫外線対策でシミのない肌

紫外線についてのまとめ、いかがでしたか?
お肌に与える影響や、心がけたいケア方法について、わかっていただけたでしょうか。

紫外線って、想像以上に怖いもの。
現代はオゾン層が破壊され、地球に届く紫外線の量が以前より増加している…とも言います。
悪い影響を受けないためにも、普段から徹底してケアしておいたほうがいいでしょう。

紫外線にやられると、すっぴん肌が汚い印象になってしまうこともあります…。
そうなると、毎日のお化粧で隠すはけっこう大変!
ひどい状況になる前に、何とか対策したいものですよね。

大切なのは、少しずつでもいいので、日頃からお肌を手入れしておくこと。
そして、紫外線に負けないモテ美肌をキープしていきましょう!


※本記事で紹介する内容には個人の意見や感想が含まれており、その有用性や効果・効能等を保証するものではありません。参考にする際はあなた様自身の責任と判断の上でおこなってください。


上原カエデ

最後までお読みいただきありがとうございました。
あなた様のお役に立ちましたでしょうか?

二宮マチ

もしよかったら、お知り合いにも紹介いただけると嬉しいです!

上原カエデ

↓左から「ツイッター」「はてなブックマーク」「Facebook」「Google+」のボタンになっています↓